現代社会において容姿とモテるかどうかは死活問題と言えます

容姿が悪いと結婚できない社会に絶望する人間が増えているのです

時代や社会に絶望するから、顔に絶望するのではなく、顔が悪いから時代や社会に絶望しているのだ。少しでも容姿が悪い(と思っている)若い男は絶望する社会なのだ。言い換えれば、現代日本の若者にとっては、「モテ」と「容姿」こそが人生最大の間題なのであり、格差社会の根本に位置する問題なのである。非正社員は「モテない」「容姿に自信がない」という人が多いでは本当に「モテ格差」とも言うべきものが存在するか?

そこを検証するために「ジェネレーションZ調査2008」(注)により、Kの世代であるY世代(2008年7月時点で25~32歳)について、職業別に自分がモテると思っているか、容姿に自信があるかを集計してみよう(図115、6)。注「ジェネレーションZ調査2008」の概要については巻末を参照していただきたいが、簡単に言うと、全国の15~22歳をZ世代、25~32歳をY世代と定義し、その男女を対象にしたアンケート調査であり、携帯電話のインターネットサイトを通じて行ったものである。

非正社員は正社員よりモテない人、容姿に自信がないという人が多い図1-5Y世代(25~32歳)男職業別モテ020406080100(%)正社員(n=109)非正社員(n=68)モテる・まあモテる・どちらでもない・あまリモテない・モテない図1-6Y世代男職業別容姿への自信するとモテについては、正社員では「モテない」が16・4%しかないのに、非正社員では36・5%である。「あまりモテない」と合計すると非正社員は63・3%になる。正社員は「どちらでもない」が46・9%と半数近いものの、「モテる」(モテるとまあモテるの合計、以下同)は12・9%しかなく、非正社員の15・3%よりも少ない。


新着情報
2015/01/06 オススメ記事を更新しました。
2015/01/02 新着記事を更新しました。
2015/01/01 スペシャリストを更新しました。
2014/12/29 人間的な魅力を更新しました。
2014/12/27 コンプレックスを更新しました。
2014/12/25 ファッションを更新しました。
2014/12/24 容姿が悪いと結婚できない社会に絶望する人間が増えているのですを更新しました。
2014/12/21 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
良縁ネット結婚相談所 日本仲人協会中高年エグゼ
会員制の結婚相談所で、お見合いによってお相手との相性を確かめることができます。結活中の方や、結婚が決まったカップルへのサービスや、仲人を養成する講座を開設している結婚相談所です。中高年や高齢者の方同士の出会いに特化した、ネット上で相手を探して申し込める結婚相談所です。